株式会社ベンチャーバンク(養蜂堂)が販売している白髪染め「玉髪ヘアカラートリートメント」の口コミや特徴を詳しく紹介していきます。

玉髪のヘアカラートリートメントの特徴▲

  • 色は2種類:ブラック&ダークブラウン
  • 男性にも人気の白髪染め商品
  • お風呂で最短3分で利用可能
  • アルコール、合成染料が無添加
  • 素手でも利用可能
  • 内容量160g、1回約215円税抜と経済的
  • 男性ショートヘアで16回分の量です。
  • 初回限定1本3,364円税抜:送料無料

「玉髪ヘアカラートリートメント」公式サイトへ

玉髪ヘアカラートリートメント利用者の口コミ

玉髪ヘアカラートリートメントの口コミをアマゾンや楽天を経由して調べてみましたが、それらを探しても見つかりませんでした。そのため、公式サイトからしか口コミを取得できず、情報の公平性としてはちょっと欠けるものがあります。

良い口コミ

※以下のクチコミはすべて玉髪ヘアカラートリートメントの公式サイトから引用させていただきました。

白髪染めの不満を全部解決してくれました!

白髪染めは準備が面倒だし、時間も手間もかかるし、ニオイも不快だったんです。でも、玉髪は私が不満だったことを全部解決してくれましたよ!色持ちも良く、お風呂で使うだけだから簡単!しかも、トリートメント効果のおかげか朝のヘアセットも楽になりました!

引用元:玉髪公式サイト

素手で使えるから手間なく短時間でできて助かってます

お風呂で白髪染めを済ませられるのでとってもらくですね!素手で使えるから手間なく短時間でできて助かってます。白髪がキレイに染まりますし、しっとり指通りがよくなって嬉しいです。

引用元:玉髪公式サイト

髪がふわりとまとまる仕上がり


髪のハリやコシが出ないのが悩みで、髪や地肌を痛める白髪染めはあまりしたくなったんです。玉髪なら白髪がしっかり染まりますし、髪がふわりとまとまる仕上がりで気に入りました。これからも使っていきます。

引用元:玉髪公式サイト

「玉髪ヘアカラートリートメント」公式サイトへ

玉髪ヘアカラートリートメントの3つデメリット

使う頻度が多くなるとコスパは良くない

ヘアカラートリートメントといえば、白髪が目立つうちは連続での使用や、気になる度に使うことで白髪を隠すことができるのですが、玉髪の場合は、初回は5回くらい連続で使用しないと白髪を隠せないという人もいて、一本160mlから考えると髪の長さにもよりますが、最初の白髪隠しのためにはほぼ一本使い切ってしまうというケースもあります。しかも初回限定の割引や定期コース割引などもないので、ちょっと使い続けるにはコスパが良くないです。

髪を洗うこと前提で使う必要がある

玉髪は、シャンプーをした後に使うタイプのヘアカラートリートメントなので、思い立った時に乾いた髪の状態では使えず、まずは髪を洗うことから始める必要があります。そしてその後玉髪を塗布して、5分から15分の放置をするのですが、5分の放置時間では短くてほぼ染まらず、しっかり染めるために15分は置くとなるとかなり時間がかかります。最近では放置時間の短いヘアカラートリートメントも増えているので、ちょっと手間がかかるかなと思います。

一回では染まらず、色の選択肢も少ない

一回でも染まる人もいる様なのですが、一回では全く染まらないという人もいて、放置時間をおいても思う様にキレイに染まらないということもあります。髪質や髪に汚れが残っていて染まらないなど理由はあるかもしれませんが、1本使って諦めてしまう人もいます。また反対に玉髪はブラックかダークブラウンしか色を選べないので、染まる人にしてみれば、いきなり暗いトーンの髪になってしまい、不自然な仕上がりになる場合もあります。

玉髪ヘアカラートリートメントの3つのメリット

無添加で肌に優しいのは○

玉髪はベニバナ、アナトー、クチナシの天然由来の染料を使っているので素手で使っても色が染まる心配もないし、肌や髪への刺激も少なく優しいカラートリートメントとなっています。肝心の染める原理については、マイナスの電気を帯びている白髪に対して、プラスの電気を帯びた染料をつけることで、お互いが結合して白髪に色をつけます。またアルコール、鉱物油、合成香料を使わず無添加設計になっているので毎日使っても安心です。

染めているのにハリとツヤが出て来る

玉髪には白髪を染める成分だけではなく、椿、ばら、がごめ昆布、はちみつ、真珠貝、アロエベラ、ゆず、ざくろと8種類もの天然の美髪成分が配合されているので髪を染める度に、髪のダメージが補修されて、ハリのある健康な髪へと導いてくれる効果があります。白髪が増えて髪にコシがなくなった人にはオススメです。白髪染めの後は髪が軋みやすいものですが、玉髪は使う度に髪が潤い、使用後も指通りが良くてツヤツヤな髪になります。

男性も利用可能なので夫婦で利用もできる

白髪に悩むのは女性ばかりではなく、男性だって通常の白髪染めでの髪や頭皮へのダメージが気になっている人もいます。玉髪は男性の間でも評判の良いヘアカラートリートメントで、白髪や抜け毛の気になっている男性に人気があり、細かい作業は苦手、手間がかかるのは面倒という男性でも玉髪なら素手で簡単に染めることができるのでオススメです。女性専用、男性専用という区分けがないので、お風呂に一つあれば、共有できるのでとても便利です。

「玉髪ヘアカラートリートメント」公式サイトへ

玉髪ヘアカラートリートメントの含有成分一覧

含まれている成分を一覧に書き出すと以下のようになります。

水、ステアリルアルコール、グリセリン、ベヘニルアルコール、セテス-20、ガゴメエキス、ツバキ種子油、 アロエベラ葉エキス、ハチミツ、ザクロ果実エキス、センチフォリアバラ花エキス、ユズ果実エキス、 温泉水、加水分解コンキオリン、オレンジ油、BG、ポリクオタニウム-7、ベタイン、パルミチン酸イソプロピル、 ベヘントリモニウムクロリド、ステアラミドプロピルジメチルアミン、アラビアゴム、ヒドロキシエチルセルロース、 セテス-2、AMP、クエン酸、デキストリン、セルロース、イソプロパノール、ビスセテアリルアモジメチコン、 メチルパラベン、ジメチコン、ウコン根エキス、加水分解クチナシエキス、ベニバナ赤、アンナット、HC青2、 HC黄4、HC赤3、塩基性青99、塩基性茶16

引用元:玉髪公式サイト

メチルパラベンについて

最近はいろんな本や雑誌などでメチルパラベンなどのパラベン類の危険性が問われるようになりました。パラベンフリーのシャンプーなどが流行っていますね。

パラベンは抗菌力が強いため防腐剤として利用されており、こういった空気に触れてしまう商品を保存しておくには欠かせない化学物質になっています。

ただし、安全性に関しては疑問視されていることもあり、以下のような安全性の報告もあります。

急性毒性、反復投与(慢性)毒性、変異原性、生殖発生毒性、皮膚・眼刺激性及び感作性、光毒性、発がん性などの安全性に関する知見が多く得られています。

出典:『化粧品の安全・安心の科学-パラベン・シリコーン・新原料-』島田邦夫 監修
第6章 化粧品におけるパラベンの効果と安全性について(p55~p58)

この資料によると、パラベンは毒性を持ちますが、実際のところ、化粧品などに利用されるパラベンは問題のない程度の添加量であり、それで危険性があるようなことはありません。あまり過剰に気にしすぎるのも精神衛生上よくないと思います。

「玉髪ヘアカラートリートメント」公式サイトへ