株式会社ピュールが販売している白髪染め「利尻ヘアカラーシャンプー」の口コミや特徴を詳しく紹介していきます。

▲利尻ヘアカラーシャンプーの特徴▲

  • 無添加・ノンシリコーンなので肌が弱くても安心
  • ジアミン・パラベン・鉱物油無添加!
  • 泡立ちが良く キメ細かで髪に付着しやすいためムラなく染まる

利尻ヘアカラーシャンプー利用者の口コミ

キューティクルの多い人はそまらない

私は結構太くてしっかりした髪質。・・・全く染まりません。それでもしつこく2週間頑張りましたが、緑色に染まって終了~。家族に「マリモかっ」とつっこまれました。
彼はへにょへにょの柔らか髪。化学薬品で絶対に染めるなって忠告したのに染めて、髪を減らしたおばかさん。髪を減らしてメゲてるので、利尻を使わせたのです。彼がコレ使用したら、ま~~、「使用前使用後」状態できれーに染まること~。毛量は少し戻ってきました。昆布の効用か、単純に時間の経過か、真実はわかりませんが。
母もへにょ髪なのでおススメしたら、すんごいキレーに染まりました。母なんて、一発でピカピカふわっふわです。
美容師さんいわく、キューティクルの多い人はそまらなーい、と。
引用元:https://www.amazon.co.jp/

継続して使っていこうとは思います


シャンプーは初めての利用だったのですが、
シャンプーだけでもぱさつかず、よかったです。
色の染まり具合は、正直よくわかりません。
白髪もたくさんあるままですが、白髪が少し染まっている毛もあるなという程度です。
パーマしてるので、染まり具合がよくないのかもしれないですが、
これをつかわないと、さらに白髪がめだつのはいやなので、
継続して使っていこうとは思います。
引用元:http://review.rakuten.co.jp/

普通の白髪染めでかぶれる方にはおすすめ


ダークブラウンの方を使用中です。
すごく染まるわけではないけど、20日ほど連続で使うと白髪が目立たない程度に染まります。旅行で数日普通のシャンプーに戻ると白髪が目立ってきます。
普通の白髪染めでかぶれる方にはおすすめです。
引用元:http://review.rakuten.co.jp/

「利尻ヘアカラーシャンプー」公式サイトへ

利尻ヘアカラーシャンプーの正しい使い方

利尻ヘアカラーシャンプーの口コミを上で見てもらいましたが、中には染まらないという意見も見られました。そういった方に共通するのは、使い方が間違っていたという方も少なくありません。

せっかく購入したのにうまく効果が出ずに終わるのは嫌なはずなので、面倒くさがらずにシャンプーの正しい使い方をここでチェックしておきましょう。

パッチテストをしよう

★使用前の注意

利尻ヘアカラーシャンプーを利用する48時間以上前にパッチテストを行ってください。パラフェニレンジアミンを利用してない商品ですが、それでもまれにアレルギー反応を起こす方もいらっしゃいます。

★パッチテストのやり方

  1. テスト液を作る 少量のカラーシャンプーに水を数滴垂らし、全体をかき混ぜてください。その際に綿棒などでかき混ぜるようにしてください。
  2. 塗って時間を置いてみる 目立たない箇所、例えば二の腕の内側などに綿棒などで塗ってみてください。その状態で乾かし48時間は最低でも待ってみましょう。
  3. 48時間以上経過して、肌にトラブルがなければシャンプーとしての利用はOKです。

利尻ヘアカラーシャンプーを使う

上で述べたパッチテストを終えたら、ヘアカラーシャンプーを利用していきましょう。

  • 手を水で濡らしてから、そこにシャンプーを適量出してください。
    • 量としては、ショートなら2プッシュ、セミロングなら3プッシュ、ロングなら4プッシュは必要になります。
    • 濡れた手に出さないと色が手に付着して取れにくくなります。
  • 通常のシャンプーのように髪全体を洗っていきます。
  • そして、しっかりとすすぎ、洗面器などに水を貯めてみて、色が見えなくなるまでしっかりとすすぎ落としてください。

正しい方法を守ればより効果を実感できるはずです。上のやり方を守って毎日シャンプーを利用していきましょう。

「利尻ヘアカラーシャンプー」公式サイトへ

利尻ヘアカラーシャンプーの3つデメリット

染まったと実感できるまでの時間がかかる

利尻カラーシャンプーはシャンプーをするだけで白髪を染めることができる便利な物なのですが、ああ、白髪ってわからなくなったなと実感できるまでには何回かの使用が必要で、人によってはかなりの回数を使用しなくては、白髪がわかなくならないというケースもあります。また、利尻カラーシャンプーはカラーが複数あって選べますが、ブラックやダークブラウンの暗いトーンの色の方が早く色がつき、明るいトーンの色は染まりきるまでに時間がかかります。

爪やバスルームが汚れる

利尻カラーシャンプーは普通のシャンプーをするのと同じ様に利用すればOKなのですが、乾いた状態の手に出すと色が付着しやすくなります。爪の間は色が付きやすく、また洗っても落ちにくいので、使用の際にはビニール手袋を使うことをおすすめします。利尻カラーシャンプーを使って洗い流す際には色水が流れますが、シャワーのお湯は飛び散りますので最後にチェックして洗い流しておかないと乾いて色が落ちにくくなって汚れてしまうので気を付けましょう。ただし、ヘアカラー剤の汚れほど神経質になることはありません。

コスパがあまり良くない

利尻カラーシャンプーは初回は2500円(税抜/200ml)で購入することができますが、通常価格は3500円(税抜)になります。普通のシャンプーとして考えるとコスパは悪く、髪が染められると考えれば、さほど悪くないと考えられるかもしれません。できるだけ安く手に入れたいという場合は二本セットで5000円、三本セットで7500円と初回と同じ割引価格で購入することができます。染まり始めると間隔を開けることもできる様になるので、気になる部分にだけ使うなど上手に利用するといいでしょう。

利尻ヘアカラーシャンプーの3つのメリット

洗うだけで白髪染めができる

染めてもあっという間に白髪が伸びてきたり、ヘアカラーだとうまく染められないということもありますが、利尻カラーシャンプーは普通に髪を洗うのと同じことをするだけで簡単に白髪を染めることができます。シャンプーといえば髪の汚れを落とすものですが、利尻カラーシャンプーはプラスのイオンカラーで傷んだ髪のマイナスイオンと結びつき、さらにナノ分子カラーがキューティクルの隙間に浸透するのでカラーをキープしながら洗うことができます。

髪と頭皮に優しく安心できる

髪を染めると、髪や頭皮にはダメージが起きやすいのですが、利尻カラーシャンプーの場合は、シリコン、香料、パラベン、4級アミン、酸化剤、鉱物油、ジアミン形色素、タール系色素不使用なので髪や頭皮に優しく、毎日でも安心して使うことができます。さらに白髪を染めるだけではなく、ミネラル豊富な天然利尻昆布から取れる成分と天然由来の27種類のうるおい成分が配合されているので髪や頭皮にうるおいと保水保湿力を与えてくれます。

色が選べて染め具合を調整できる

利尻カラーシャンプーはカラーシャンプーの中でもカラーが4色と多めです。ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラックから選ぶことができます。ダークブラウンやブラックの方が染まりやすくなります。徐々に染まっていくので自然な仕上がりになるのが特徴ですが、染まってきたなと思ったら、利用間隔を開けたり、もう少し色を入れたいと思ったら連続して使うなどして自分で好きな染め具合にすることができます。

「利尻ヘアカラーシャンプー」公式サイトへ